コースガイド|富士ゴルフコース|山梨県 富士山が見えるゴルフ場

  • OUT
  • No.1 裾野
  • No.2 巻狩
  • No.3 鶯谷
  • No.4 敷島
  • No.5 馬返
  • No.6 五湖
  • No.7 青木原
  • No.8 八ヶ峰
  • No.9 旭ヶ丘
  • IN
  • No.10 郭公
  • No.11 蘇我
  • No.12 日暮
  • No.13 湖上
  • No.14 堀内平
  • No.15 雲雀丘
  • No.16 紅葉谷
  • No.17 篭坂
  • No.18 山中
1番ホール「裾野」(すその)Par4 BT368y FT383y LT340y
  • ティーショット
  • セカンドショット
  • グリーン

■ティーショット
ホール全体が右傾斜なので左ぎみに狙うとよいでしょう。

■セカンドショット

左グリーン
グリーンが受けているのでセンターかやや手前からがベストです。
右グリーン
・右奥への傾斜が強いので、出来れば左手前から攻めるのがベストです。
・グリーン手前の木を高い球で越すか、低い球で転がして乗せるかが勝負の決め手です。

■グリーン芝目 傾斜

左グリーン
右グリーン
2番ホール 「巻狩」 (まきがり) Par5 BT505y FT478y LT450y
  • ティーショット
  • セカンドショット
  • グリーン

■ティーショット
ロングホールとなりますので、セカンドショットのことを考えてフェアウェー中央かやや右側を狙うのがよいでしょう。
(※右傾斜なので出来れば左から攻めたいところです)
果敢にツーオンを狙うことも可能ですが、左右のOBがくせ者なので手堅く3打目に繋げましょう。

■セカンドショット

左グリーン
グリーンが受けているのでセンターかやや手前からがベストです。
右グリーン
右奥への傾斜が強いので、出来れば左手前から攻めるのがベストです。

■グリーン芝目 傾斜

左グリーン
右グリーン
3番ホール 「鶯谷」 (うぐいすだに) Par3 BT155y FT138y LT130y
  • ティーショット
  • グリーン

■ティーショット
林に囲まれたホールなのでピンフラッグが揺れていなくても上空は風があることもあります。風向きと打球の高さを注意して打ちましょう。グリーン手前の谷(OB)を確実に越えることがポイントです。

左グリーン
グリーン左手前の木にあたってOBになることが多いので注意が必要です。
右グリーン
グリーンが受けているのでセンターかやや手前からがベストです。

■グリーン芝目 傾斜

左グリーン
右グリーン
4番ホール 「敷島」 (しきしま) Par4 BT375y FT357y LT325y
  • ティーショット
  • セカンドショット
  • グリーン

■ティーショット
中央の松の木をいかに避けるかがポイントです。
(ロングヒッターはロングアイアンで攻めるのも効果的です。)

■セカンドショット

グリーン面が受けて見えるが、手前から速いので手前から攻めるのがポイントです。(グリーン面はフラットですが、フェアウェアーが下っているので受けているように見えます)

■グリーン芝目 傾斜

5番ホール 「馬返」 (うまがえし) Par4 BT430y FT405y LT345y
  • ティーショット
  • セカンドショット
  • グリーン

■ティーショット
ハンディーキャップ1のホールです。無理せずに。少し打ち上げているので、1~2クラブ大きめに打つのがよいでしょう。

■セカンドショット

左グリーン
グリーンが受けているのでセンターかやや手前からがベストです。
右グリーン
グリーンは受けています。また、手前の木を避けて左目から攻めるのが安全です。

■グリーン芝目 傾斜

左グリーン
右グリーン
6番ホール 「五湖」 (ごこ) Par5 BT556y FT528y LT470y
  • ティーショット
  • セカンドショット
  • グリーン

■ティーショット
ロングヒッターはツーオン狙いで右の林をショートカットすることも出来ますがスリーオン狙いで確実にフェアウェアーをキープするのがよいでしょう。

■セカンドショット

左グリーンのすぐ左はOBなので無理せずにフェアウェアーセンター狙いで打ちましょう。

左グリーン
左奥への傾斜が強いので、右手前から攻めるのがベストです。
右グリーン
5つのバンカーに囲まれていて花道が狭いので、高い球で攻めたいところです。

■グリーン芝目 傾斜

左グリーン
右グリーン
7番ホール 「青木原」 (あおきがはら) Par3 BT180y FT165y LT150y
  • ティーショット
  • グリーン

■ティーショット
やや右からのアゲインスト(向かい風)になることが多いので右から攻めたい。

左グリーン
グリーンのセンター方向に打つと左手前の木にあたってバンカー入ったり、OBになることもあります。
右グリーン
グリーンが受けているのでセンターかやや手前からがベストです。

■グリーン芝目 傾斜

左グリーン
右グリーン
8番ホール 「八ヶ峰」 (やつがみね) Par4 BT422y FT394y LT312y
  • ティーショット
  • セカンドショット
  • グリーン

■ティーショット
やや右からのアゲインスト(向かい風)になることが多いことと、ホール全体が左傾斜になっているので右から攻めるのがベストです。230~250ヤード地点が狭くなっているので、ティーショットのクラブ選択にも注意が必要です。また、グリーンから残り100~150ヤード地点は左に3・4本の松があるので、いかにさけるかがポイントです。

■セカンドショット

左グリーン
左奥への傾斜が強いので、右手前から攻めるのがベストです
右グリーン
左奥への傾斜が強いので、右手前から攻めるのがベストです。

■グリーン芝目 傾斜

左グリーン
右グリーン
9番ホール 「旭ヶ丘」 (あさひがおか) Par4 BT459y FT435y LT360y
  • ティーショット
  • セカンドショット
  • グリーン

■ティーショット
やや右からのアゲインスト(向かい風)になることが多いことと、ホール全体が左傾斜になっているので右から攻めるのがベストです。距離が長いので無理せずに。また、左ラフに入れると、グリーンから残り100~150ヤード地点にある松の木がスタイミーになり、セカンドショットが出すだけになる可能性もあります。(クラブハウスが右に傾いて見えますが目の錯覚です。)

■セカンドショット

左グリーン
左奥への傾斜がかなり強いので、右手前から攻めるのがベストです。
右グリーン
グリーンが受けているのでセンターかやや手前からがベストです。

■グリーン芝目 傾斜

左グリーン
右グリーン
10番ホール 「郭公」 (かっこう) Par3 BT191y FT174y LT137y
  • ティーショット
  • グリーン

■ティーショット
左グリーンはティーグラウンドからやや打ち上げになっているので、少し大きめに打つのがよいでしょう。

左グリーン
グリーンが受けているのでセンターかやや手前からがベストです。
右グリーン
右奥への傾斜が強いので、出来れば左手前から攻めるのがベストです。

■グリーン芝目 傾斜

左グリーン
右グリーン
11番ホール 「曾我」 (そが) Par4 BT418y FT398y LT365y
  • ティーショット
  • セカンドショット
  • グリーン

■ティーショット
やや左からのフォロー(追い風)になることが多いことと、ホール全体が右傾斜になっているので左から攻めるのがよいでしょう。

■セカンドショット

左グリーン
少し打ち上げになるので大きめのクラブがよいでしょう。
右グリーン
奥のOBが近いので注意が必要です。

■グリーン芝目 傾斜

左グリーン
右グリーン
12番ホール 「日暮」 (ひぐらし) Par4 BT395y FT374y LT305y
  • ティーショット
  • セカンドショット
  • グリーン

■ティーショット
フェアウェアー左バンカーの右側がベストポジションです。バンカーを越えるのには、230ヤード以上のキャリーが必要です。

■セカンドショット

グリーンはセカンド地点からやや打ち上げになっているので大きめのクラブで打ちましょう。また、ピンが右側にある時は、グリーン右手前もある松の木にあたることが多いので注意しましょう。

■グリーン芝目 傾斜

13番ホール 「湖上」 (こじょう) Par5 BT600y FT570y LT485y
  • ティーショット
  • セカンドショット
  • グリーン

■ティーショット
フェアウェアー右バンカーの左側がベストポジションになります。バンカーを越えるには200ヤード以上のキャリーが必要です。

■セカンドショット

右からのアゲインスト(向かい風)になることが多いことと、左傾斜の為右から攻めるのがよいでしょう。

左グリーン
グリーン面が受けて見えるが、手前から速いので手前から攻めるのがポイントです。
右グリーン
左奥への傾斜が強いので、バンカーに気をつけながら右手前から攻めるのがベストです。

■グリーン芝目 傾斜

左グリーン
右グリーン
14番ホール 「堀内平」 (ほりうちだいら) Par4 BT375y FT354y LT306y
  • ティーショット
  • セカンドショット
  • グリーン

■ティーショット
左右OBのホールとなるので、無理してドライバーで打たなくてもよいでしょう。(3Wまたはロングアイアンがよいでしょう)

■セカンドショット

グリーンはセカンド地点からやや打ち上げになっているので大きめのクラブで打ちましょう。

左グリーン
奥からの傾斜が強いので、手前から攻めましょう。
右グリーン
グリーン面は受けているが左手前から攻めましょう。

■グリーン芝目 傾斜

左グリーン
右グリーン
15番ホール 「雲雀丘」 (ひばりがおか) Par4 BT362y FT342y LT320y
  • ティーショット
  • セカンドショット
  • グリーン

■ティーショット
フェアウェアー右に見える松の木の左にバンカーがあります。それを避けていくか、距離をかせいで越えていくかが勝負の決め手です。(バンカーを越えるには230ヤード以上のキャリーが必要)

■セカンドショット

左グリーン
左奥への傾斜がかなり強いので、右手前から攻めましょう。
右グリーン
グリーンが受けているのでセンターかやや手前からがベストです。

■グリーン芝目 傾斜

左グリーン
右グリーン
16番ホール 「紅葉谷」 (もみじだに) Par3 BT138y FT128y LT125y
  • ティーショット
  • グリーン

■ティーショット
右からのアゲインスト(向かい風)になることが多いことと、打ち上げの為クラブ選択に注意しましょう。

左グリーン
右奥からの傾斜が強いので、右手前から攻めましょう。
右グリーン
左奥からの傾斜が強いので、左手前から攻めましょう。

■グリーン芝目 傾斜

左グリーン
右グリーン
17番ホール 「篭坂」 (かごさか) Par5 BT507y FT481y LT440y
  • ティーショット
  • セカンドショット
  • グリーン

■ティーショット
無理しなくとも十分に2オン出来ます。フェアウェアーセンター狙いが安全です。ロングヒッターはショートカットも可能です。(230ヤード以上のキャリーが必要)

■セカンドショット

左足下がり、つま先さがりになることが多いのでやや左目から攻めましょう。

左グリーン
グリーン面が受けて見えるが、手前から速いので手前から攻めるのがポイントです。
右グリーン
左奥への傾斜が強いので、右手前から攻めるのがベストです。

■グリーン芝目 傾斜

左グリーン
右グリーン
18番ホール 「山中」 (やまなか) Par4 BT356y FT345y LT320y
  • ティーショット
  • セカンドショット
  • グリーン

■ティーショット
右側がOBなので、無理せずにフェアウェアーやや左目狙いが安全です。

■セカンドショット

セカンド地点からかなり打ち上げに見えるが実は目の錯覚です。グリーン手前150ヤード地点とグリーンの高さはほぼ一緒です。

■グリーン芝目 傾斜

OUT

1 2 3 4 5 6 7 8 9 Total
バック 368 505 155 375 430 556 180 422 459 3450
フロント 353 478 138 357 405 528 165 394 435 3253
レディース 340 450 130 325 345 470 150 312 360 2882
Par 4 5 3 4 4 5 3 4 4 36
HDCP 13 5 17 11 1 7 15 9 3  

IN

10 11 12 13 14 15 16 17 18 Total
バック 191 418 395 600 375 362 138 507 356 3342
フロント 174 398 374 570 354 342 128 481 345 3166
レディース 137 365 305 485 306 320 125 440 320 2803
Par 3 4 4 5 4 4 3 5 4 36
HDCP 16 4 10 2 8 12 18 6 14  

| コース紹介TOPへもどる |